読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clockwise direction

まずはテーブルの中央にボードを広げましょう。話はそれからです。

金沢盤游倶楽部 新春例会 レポート

「どうして金沢市内にオープンゲーム会が無いんだ?」という些細な疑問から開催に至ったゲーム会でしたが、
天候がそれほど悪くなかった事もあり、1日目:15人、2日目:13人と、初回としては一応形になったかな、と。

金沢市民芸術村はなかなか人気の施設なので、予約が取り辛いのですが、機会あればまた開催したいですね。


■1/3 1日目


◆クイックス

取り敢えず4人揃うまで、3人で時間調整のこちら。
こういうタイトルがオープン会では重宝します。


ハットトリック

私の持ち込み。
やっと入手できたので、最近よく持参しています。
シュティッヒルンで代用できるのは百も承知なんですが、そういう問題じゃないでしょう、と。
今回は5人でしたが、全員、色の管理にままならない感じで、格闘していました。


◆エルグランデ K&I拡張入り

やはり、この拡張は素晴らしいですね。
ただ単純に要素を注ぎ足したような凡百の拡張とは一線を画していると思います。


雲南

インストを私が担当しましたが、手番順処理のミスが途中にて発覚。
同卓した皆様、失礼いたしました。
今回は、一人だけ全然馬を進めていなかったプレイヤーが、
ワーカーを増やして、最後に突っ走り終了。
この急に終わる感じが、好き嫌いわかれそうです。


コンコルディア

私の周辺で最近、恐らく一番回っているであろうタイトル。
4人でも5人でも楽しめますね。
ある意味、クラマーフレームを完全に無視している所が、斬新といえば斬新か。


◆ムガル

日本語版が出た事で、立卓している機会が格段に増えました。
今年は王と枢機卿の話題もあり、シャハト好きとしては嬉しい限り。


◆ベオウルフ

ボードの形が特徴的なクニツィアの作品。実はそんなにプレイする機会がない貴重な作品かも。
めくり運が強い作品ですが、プレイ中は一喜一憂盛り上がれます。


◆パケットロウ

箱のサイズは12インチですが、ゲーム自体のボリュームは軽いです。
王道なセットコレクションですが、その分、カード獲得時の独特なメカニクスが際立ってます。
親の裁量で急にラウンドが終了してしまうかもしれない、というあの緊張感はなかなか。
この時は5人プレイだったようですが、5人では流石にちょっと多かった印象。


サンクトペテルブルク

すべらないゲーム。身近では、お札だと手間なので、写真のようにチップでプレイする事が多いですね。


◆グラスロード

ローゼンベルグ話題の新作。
リソース増し増しな氏の作品は基本的にちょっと苦手なのですが、
これはまだ何とか許容範囲でした。


◆ネイションズ

此方も話題な新作。
新聞のような大きなサマリーを見ながら、皆さんプレイされていました。
此処の会場の机はサイズが大きく、そういう意味でもゲーム会向きです。


◆ロシアンレイルロード

3人戦。私も入りました。
今回もウラジオストクだけ伸ばしてみましたが、惨敗。


◆ヨットレース

私の持ち込み。ウィティヒの作品は、やはり一目でわかりますね。
この海の青の色合いが好きで、どうしてもフランクコスモス版を入手したかったのです。
ラスト手番が思いっきり不利なようにも思えるのですが、
そんな事より、他には余りないゲームなので皆さん新鮮に楽しまれていた様子。


ケルトタイル

時間調整でこちら。
持ち運びがかさ張らないのに、必ず一盛り上がりする鉄板タイトルで、重宝しています。


◆モダンアート

私持ち込みのハンス版です。一日目最後はこちら。
下手するとゲームが壊れかねない(特に指値の競り)、ある意味気を遣うタイトルですが、
今回のセッションはその点は大丈夫だったかなと。



■1/4 2日目


◆ティータイム

人が来るまで、私ともう一方の2人でプレイ。
オルネラのアブストラクトチックなタイル獲得ゲーム。
「0枚取ったら5点」というルールがピリリと効いていて、好きなタイトルです。


◆スパイリウム

イスタリ完全復活か、と個人的に感じているこのタイトル。
プレイされている方々からも、これは面白い、的な感想の声が聞こえてきていました。


◆ニューエントデッカー

自宅に旧版のエントデッカーを積んでいるので、これは良い機会だと参加。
流石に古さを感じる部分もありましたが、探検して島の全貌が徐々に明らかになっていく様は楽しかったですね。


コンコルディア

1日目に続いて。大人気でした。


◆エルフェンランド

フルの6人でプレイ。目的地ルール入り。
私がインストを担当しましたが、キャラバン移動のルールを間違えていたようで・・・。
大変失礼致しました。
お邪魔タイルで阿鼻叫喚が聞こえていたのが今回のハイライトかと。


◆サンスーシ

キースリングのソロ新作。
運と戦略が程よいバランスの、古き良きドイツゲームという感じです。


◆11ニムト

ずいぶん前に1回プレイしただけなので、大分忘れてしまいました。
久し振りにプレイしたいですね。


レジスタンス・アヴァロン

マーリンとパーシヴァルが入って8人プレイ。
別に隠す事でも無いので言うと、人狼系は苦手なんですよね・・・
客観的な事実に基づく根拠が薄弱な以上、何も喋ることが無いのでいつも終始黙ってしまいます。
と言いながら、この時は2回参戦してどちらも勝利。

私が抜けて、7人でもう1戦行われていたようです。


(スミマセン 写真無し)
◆電力会社 日本マップ

2日間にわたったゲーム会のラストは5人でこちら。
結構時間がかかりましたが、まあ、ラストに相応しいかもですね。
高い発電所ばかりが偏って前半に出るという展開で、ちょっと荒れました。

    • -

9:00-22;00×2日間という、そこそこなボリュームのゲーム会を開いてしまった訳ですが、
参加者皆さんのご協力もあって、特にトラブルもなく終了できました。
有難うございました。